電子書籍?沢村よしゆき印税家族(ロイヤリティファミリー)は稼げないw




ネットビジネス界の馬女☆ブチコです。



坂本よしたか氏のSHARE(SCTW)を販売したのと同じ

LOOPアフィリエイトセンターより

印税家族(ロイヤリティーファミリー)

というオファーが始まるわよ~







沢村よしゆき 印税家族(ロイヤリティファミリー)



特定商取引法に基づく表記

<販売者氏名> 沢村よしゆき

<問い合わせ先連絡先> info(こちらにアットマーク)inzei-kazoku.com

<商品代金> 0円(無料メルマガ配信)

<引渡し時期> メールアドレス登録後即時

<確認事項>
『ロイヤリティーファミリー』に無料登録して頂くと沢村よしゆきが発行しているメールマガジンに登録されます。 登録されたメールマガジンはメールマガジン文末よりいつでも解除することが出来ます。 お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取扱いに関する法令、指針に従い遵守します。 またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールマガジンの配信の他、お客様への御連絡の目的でのみ使用します。 表現、及び商品に関する注意書き:本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。



印税家族の黒幕はLOOPアフィリエイトセンターの佐藤ひろひで氏








沢村よしゆき氏の「印税家族」は、

佐藤ひろひで(佐藤啓英)氏が運営する

LOOPアフィリエイトセンターのオファーなんだけど、

「印税家族」と聞いて、

何だか聞いたことあるオファーだと

思った人も多いんじゃない?



LOOPアフィリエイトセンターは

過去にも「即金家族」っていうオファーを

やっていたからね(笑)







即金家族 影山明日香(本名 加藤円香)
https://www.facebook.com/madoka.kato.18
http://sokkinkazoku.com/lp/sokkin/
http://sokkinkazoku.com/lp/kasegasemama/



即金家族の影山明日香氏に関しては、

松木奈々子氏のビスケット貯金というオファーで

インタビュアー(影山飛鳥)を担当していたから、

ご参考までにw

存在しない?松木奈々子ビスケット貯金株式会社ワンダーポケット



「ポケットを叩けば叩くほど現金爆発」なんて

いい歳した大人が言っちゃってるところは、

ある意味、

見ごたえがあったと言っておくわ(苦笑)



佐藤ひろひで氏が運営する

LOOPアフィリエイトセンターの

オファーの特徴は、

「即金」「現金」

「不労所得」

「高額商品の販売はしない」

というキーワードが頻繁に使われているところw



これらのキーワードの数々に飛びつくのは、

借金を返済したいという人が

圧倒的に多いの~
















これらのコメントはごくごく一部で、

他にも「借金を返済したい」というコメントが

たくさん付けられていたわよ。



今回の沢村よしゆき氏の「印税家族」でも

「参加する費用は一切頂きません」

なーんて言っているから、

「タダで参加出来て、稼げるなら参加したい」

という人がコメントを残しているようね。










沢村よしゆき氏の「印税家族」というオファーは、

プロダクトローンチという手法を採用している以上、

高額商品は絶対に用意されているハズなので

鵜呑みにしてはダメよ!



「借金の返済が楽になるといいな~」

なんて思って飛びつくと

痛い目に合うからねww


「参加する費用は一切頂きません」は有りえないw




そもそも、

プロダクトローンチとは、

「商品を爆発的に売る手法」という意味なの。



いきなり売り込まず、

動画やメルマガで時間をかけて教育した後に

どーんと何かを売ってくるのは目に見えているわ。



沢村よしゆき氏の「印税家族」では

セールスレターが10枚以上用意されていて、

いろいろな属性に合わせた

見込み客のリスト(メールアドレス)を

根こそぎかき集めている印象よ~



無料オファーアフィリエイトで上位に入ると

豪華プレゼントが貰えるランキングもやっているから、

紹介してくれたアフィリエイターにも

たくさんお支払いしなくちゃならないし。



実際に、冒頭でふれた

坂本よしたか氏のSHARE(SCTW)だって、

「高額塾の勧誘は一切しません!」

との触れ込みで始まったのに

500万の高額商品も用意されていたんだからw


まとめ 沢村よしゆき 印税家族(ロイヤリティーファミリー)












沢村よしゆき氏の「印税家族」には、

「印税倶楽部」というコミュニティがあって、

完全に無料で参加できるようなことをいってるけど、

先ほど書いたように、

完全に無料なんて有りえないから注意してよね。



「電子書籍」で「印税」を得る事を

全面に押しているけど、

ベストセラー作家でさえ、

「電子書籍の印税では稼げない」って発言しているのよ。



電子書籍って、印刷する必要がないから、

コストが抑えられるって言われているけど、

低価格での販売が普通でしょ?



誰もが名前を聞いたことのあるような

村上春樹氏みたいな人気作家で

数百万部の売り上げがあるならまだしも、

ド素人が電子書籍の印税で稼げるなんて

とても思えないわw



沢村よしゆき氏の「印税家族」では、

ロイヤリティシステムを使うことで

ワンクリックで、

すぐに誰でも電子書籍を販売できる

って話だったけど、

得体の知れないシステムで作った電子書籍に

期待するほうがどうかと思うけどね。



ワンクリックで作られた電子書籍を

アナタは買ってまで読みたいと思う?



電子書籍を無料で配布して、

リストを集めて稼ぐようなことも言ってたから、

メルマガやLIN@での

アフィリエイトもからんでくるでしょうね!



となると、

「たったの7秒の作業で稼げる」

ということにはならないし、

リストマーケティングは、

初心者にはものすごくハードルが高いわよw



アタシは、

インターネットを使って稼いでいくためには、

顔出しするにしても、

顔出ししないにしても、

「読者さんからの信用」

は必要不可欠だと思っているの。



だから、

ツールでブログを簡単に作るとか、

電子書籍をシステムで

ワンクリックで作ってしまうという

運営側の発想には共感できない部分が多いわ~



だって、そこには、

「読者さんの存在」が全く感じられないからね。



そもそも、

沢村よしゆき氏自身が印税で稼いでいるのか?

動画を見ただけでは分からなかったわww



人気ブロガーで出版もしている

イケダハヤト氏だって

印税生活できるんですか?」という質問に対して、

「んなアホな。印税だけ生きていくなんて、夢のまた夢ですがな……」

なんて回答していたわよ。

Q:印税生活ってできるんですか? A:無理です、無理。



「電子書籍で印税生活できる」というのは

何の実績もないド素人が

テキトーなことを言っている

としか思えないわ~



もしも、

儲からないことを知った上でセールスしているなら

タチが悪いわよねwww



読んでくれてありがとう。


ブチコの裏メルマガ【BLACK MONEY MAIL】




↓ネットビジネスで本気で成果を出したいという人だけ登録してみてね。

ブチコの裏メルマガ【BLACK MONEY MAIL】



楽して簡単に稼ぎたいという人は、

まだネットビジネスで稼ぐ思考になっていないので、

見送ってもらって構わないわ。

稼ぐ覚悟が出来たらまたいらしてね。


ブチコへの無料メール相談受付中!




もし、アナタがネットビジネス関連のお悩みを抱えていたり、

ネットビジネスで稼いで、

人生を変えたいと思っているのなら、



↓こちらからブチコに相談してみてね!

無料メール相談受付中!



独りで悩んでいても始まらないし、

ブチコが相談に乗るわよ~



アナタのお力になれる事もきっとあると思うのよ。



ネットビジネス界の馬女 ブチコでした☆



2 Responses to “電子書籍?沢村よしゆき印税家族(ロイヤリティファミリー)は稼げないw”

  1. ヤスノ より:

    こんにちは
    沢村さんの印税家族は、今晩が最終話で多分売り込んでくると思うのですか、今までの動画の人たちはみんなグルですか?家族も社員も稼げたとゆう人もみんな演技されてるのかしら?
    もう、私も後がないので、切羽詰まってて、藁にもすがりたい気持ちでいるのですが、これが詐欺だったら、もうこの世の中、信じれるものは何もないですね。
    最低10万円保証するって言ってても、そんなのはあてにならないのかなあ。
    もうわからなくなりました。
    やめといた方がいいですかねえ。
    いいアドバイスをお願いします。

    • ブチコ より:

      ヤスノさん、コメントありがとう!

      沢村氏の印税家族はブログでも書いているとおり

      オススメしませんw

      藁にもすがりたいということですが、

      すがらないほうがいいわよ。

      詳細はメールさせていただいたので、

      ご参考までに☆

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ